toiretoinu動物を飼う場合には、ほとんどの方は子供の動物のうちから飼うかたがほとんどですが、子供であってもどうしても必要になってくるしつけがあります。
そのしつけが、トイレのしつけです。
家でペットを飼う場合は、きちんとした場所でトイレをしてもらわないとひどい目に遭うため、トイレのしつけは犬だけでなく猫や他の動物にも必要になるしつけです。

子犬にトイレをしつける場合でも、なかなかわかってくれないことがありますが、その場合の多くは飼い主のしつけの仕方が間違っているからだと言われています。
まずトイレがきちんとできなかったときに厳しく叱ってしまってはいけません。
しつけの一つの手段として叱るというほうほうがありますが、特にトイレのしつけに関してだけはこの方法は有効な手段であにと言えます。
犬は叱られることによって萎縮し、トイレじだいがいけないことなのかと勘違いするようになってしまいます。
しかし、トイレを行うことは生理現象で、食べ物を食べてエネルギーを得ている動物なら人間だって避けられない排泄行動の一つなのです。

トイレが上手くいかなくても、最初は叱ってあげずにきちんと丁寧にトイレの場所を教えてあげるようにしましょう。
また、糞尿は動物にとってマーキングの一種でもあります。
トイレ以外の場所でそういったマーキングをしてしまった場合は、きちんと臭いをとっておかないと、再びその場所でトイレだと勘違いして排泄してしまうでしょう。
しかし、逆に何度か正しいトイレで排泄させて臭いを残してやれば、きちんとトイレができるようになること間違いありません。

このしつけの場合、最も大事なことは褒めてやることです。
ご褒美まであげる必要はありませんが、きちんとトイレができたときには声かけだけでも大げさなぐらい褒めてあげましょう。
すると、犬も鼻が高くなり、ここでトイレをすれば飼い主に褒めてもらえると思うようになります。

人間に飼われている犬はどの犬でもトイレのしつけを受けてきているので、決してできないしつけではありません。
もし、トイレをなかなか覚えられなくても最初は根気良く教えてあげる必要があり、自分の教え方が悪くないか他に犬を飼っている人がいれば尋ねてみるのもいいでしょう。
また、一度トイレを覚えてしまえば、それ以降はその場所で排泄するようになるはずなので、もし仮に他の場所で排泄していたりしたら、もう一度トイレを教えなおしてあげましょう。
教えなおしでもやはり重要になるのは、優しく教えてあげるということです。