dogrunimgドッグランとは犬専用の公共広場であり、犬と飼い主である人間が思いっきり遊ぶには最高の場所です。
犬も人間もお互いストレスを解放するかのようには遊ぶ方もいれば、しつけの場として利用する方もいます。
一方で、犬にとっては社会経験の場という側面もあり、ドッグラン初挑戦の方はもとより犬も緊張しています。
ですから、飼い主はまず愛犬をドッグランの柵の外側から見学させ、他の犬達に対してどう反応するかを観察しましょう。
過度に吠えすぎるようであれば、近所の公園で慣らす等しつけをし直してからドッグランへ再挑戦した方がいいかもしれません。
いざドッグランに入ってからも守るべきルールはたくさんあります。
基本的に、ドッグランだからと言って愛犬から目を離すことでは無責任と言わざるを得ません。
目を離した隙に排便したり、他の犬に噛みついたりしているかもしれません。
他の犬たちに迷惑をかけないことが大原則ですから、他の犬を追いかけ回すぐらいなら、制止して飼い主の方に頭を下げれば済む問題かもしれませんが、噛みついたりしたら大変です。
補償問題にもなりかねません。
その他に狂犬病等のワクチン接種済みの犬に限られる等、公共の場であるが故の制約がいくつかあります。
このような制約や問題を考えると、面倒に巻き込まれたくないという飼い主の方もおられ、ドッグランによっては思うように利用者が伸びていないという問題点も浮き彫りになってきています。
犬にとっても飼い主である人間にとってもモラルが問われる場であるが故に、気楽に楽しみたいという方にはマイナスイメージかもしれませんが、「案ずるより産むが易し」の精神で取り組み、新たな楽しみを愛犬と共に見つけられることを願っています。